コンテンツマーケティングの必要性が高い理由とは?

スポンサーリンク




コンテンツマーケティングとは、従来型の広告に代わってユーザーに自社の商品やサービスを届けるための新しいプロモーション方法です。
商品をプロモーションする方法には各種媒体を使用した広告をはじめ様々なものがあります。

では、コンテンツマーケティングの必要性が近年ここまで高い理由とはいったい何なのでしょうか?
ここでは、コンテンツマーケティングの必要性とこれほどまで注目される理由について、具体的に見ていきたいと思います。

SEO対策になる

コンテンツマーケティングと混同されるプロモーション手法として、コンテンツSEOというものがあります。
コンテンツSEOとは、検索エンジンで検索された際にヒットさせるためにコンテンツを作成するプロモーション手法です。

コンテンツマーケティングとコンテンツプロモーションは根本的には異なる考え方です。
ですが、結果的にコンテンツを作成するという意味で、両者はとてもよく似ています。

コンテンツマーケティングは、良質なコンテンツを作成することで、見込み客と継続的に信頼関係を構築し自社の顧客として関係性を維持することを目的としています。

コンテンツSEOは、異なるできるだけ多くの見込み客に様々な角度から自社の商品を紹介するのです。

この2つのプロモーション手法の目的は全く異なるものですが、コンテンツマーケティングは良質なコンテンツを作成することで、コンテンツSEOと同じくSEO対策にもなるのです。

検索結果の上位表示は必須

見込み客に情報を届けるためには、コンテンツを作成するだけでは不十分です。
インターネット上は多くの情報であふれかえっており、良質なコンテンツを作成するだけでは見込み客の目に触れる機会はほとんどありません。

コンテンツを作成するだけでなく、作成したコンテンツをGoogleなどの検索結果で上位に表示させることで始めて、見込み客の目に触れることができます。

Googleなどの検索結果で上位に表示させるための方法として、今まではキーワードの埋め込みや被リンク設定などが有効でしたが、近年はサイトの質の占める傾向が強くなってきています。

そのため、コンテンツマーケティングとして、内容の充実した良質なサイトを作成することは、検索結果で上位表示させるためにもとても有効なのです。

結果的にSEO対策になる

SEO対策と言えば、専門的な知識がないとできない、特別な手法だと思われがちです。
ですが、コンテンツマーケティングは良質なコンテンツを作成するだけで結果的に、検索結果の上位に表示されるようになってきます。
つまりはSEO対策も兼ねているのです。

このようにコンテンツマーケティングは、一石二鳥の方法ということができ、これが現代においてコンテンツマーケティングの必要性が高い理由の一つです。

SNSと相性がいい

FacebookやTwitterなどのSNSの登場で、友人間での情報共有が簡単に行われるようになりました。
つまり、いいと思った情報はSNS上で瞬時に共有され拡散されるのです。

紹介を活用したプロモーションは、費用の掛からない究極の広告手法であり、更に友人から紹介されることで、それだけですでに信頼関係が構築されているということができます。

このようにコンテンツマーケティングにより、良質なコンテンツを作成し、それがユーザーに認められれば、瞬時に拡散される可能性を秘めているのです。

現代はSNSの利用率が高い状況であという観点から見ても、コンテンツマーケティングは、とても必要性の高いプロモーション方法なのです。

SNS広告との相乗効果

近年、FacebookやTwitterなどでも多くの広告が見られるようになってきました。
SNS上の広告は、友人から共有されたように巧みに構成されたものや、ニュース記事のようなイメージで作成されたものなどが多く、中には、広告と気づかず観覧している人もいるかもしれません。

このようにSNS上の広告は、友人からの共有と混同しやすく、その分それを友人に紹介しやすい状況にあるということができます。

つまり、コンテンツマーケティングとして良質なコンテンツを作成しSNS広告に掲載することで、掲載するための広告費はかかりますが、そのコンテンツが拡散されると広告費以上の効果が期待できるというのです。。

選択できるたくさんの情報がある

インターネット上だけに限らず、現代は様々な情報であふれかえっています。
たくさんの情報があるということは、いいことであるように思われますが、情報があれば何でもいいというわけではなく、それが自分に必要な情報でなければ意味がありません。

そのため、ユーザーは検索サイトなどを駆使して、自分にとって有用な情報を自ら選択する必要があるのです。
さらに、情報がたくさんあると言っても、有用な情報はその中でも一部です。

そのため、コンテンツマーケティングにより有用な情報を公開することで、その情報を検索サイトにより選択してもらえる可能性が高まるのです。

情報選択レベルが向上した

検索サイトのレベルの向上と共に、ユーザーの情報検索のレベルが向上しました。
また、多くの情報であふれかえっている現代、良質なコンテンツへのニーズは今まで以上に高まっているということができます。

これらの理由により、良質なコンテンツを作成して公開していれば、ユーザーに見つけてもらえる可能性が高まったのです。

広告の必要性がなくなった

テレビCMやWEBのポップアップ広告などは、ユーザーの意志に関係なく一方的に発信されてくるものです。
情報が少なかった時代は、広告も貴重な情報源の一つでした。

ですが、多くの情報であふれる現代において、そのような情報を押し付けるタイプの広告は、ユーザーにシャットアウトされてしまう傾向にあります。

そのため、たとえ広告を見る回数自体は変わらないとしても、印象に残る機会は格段に減っているのです。
昔と違って今は必要な情報は自分で探すことができるので、必要な情報以外は不要なものとしてシャットアウトされてしまうのです。

これにより、従来型の広告の効果は何倍も低くなりました。

潜在顧客にまでアプローチできる

コンテンツマーケティングにより作られた良質なコンテンツは、すでに購買意欲のある見込み客の層だけではなく、まだ購入を検討している段階、強いてはこれから購入を検討する可能性のある層にまでアプローチをすることが可能です。

従来型の広告は、すでに購買意欲のある層をメインターゲットとしていました。
このことからもわかるように、コンテンツマーケティングは従来型の広告に比べてより広い層にアプローチできる方法ということができます。

長期的な効果が見込める

すでに購買意欲なる層だけでなくこれから購入を検討する可能性のある潜在顧客にまでアプローチできることで、長期的なユーザーを獲得することができます。

つまり、現在だけでなく将来的に購入を検討している層まで長期的な売り上げが期待できるのです。

従来型の広告よりもコストが安い

テレビCMなどの従来型の広告は、基本的に有料です。
さらには、製作費なども含めるとかなり高額になることも少なくありません。

テレビCMまで大きくなくとも、雑誌や新聞などの媒体、インターネット上のリスティング広告、バナー広告など、全て基本的には金銭的なコストがかかりました。

一方コンテンツマーケティングに関しては、良質なコンテンツを作成して自社サイトに掲載するだけで、ユーザーを引き込むことができます。

コンテンツマーケティングにかかるコスト

コンテンツマーケティングにかかるコストは、コンテンツを作成して自社サイトに掲載するだけとすると、コンテンツの制作費と自社サイトの管理費用のみです。

これからは、それだけではなく作成した良質なコンテンツにユーザーを引き込むための広告も必要になってくると言われていますが、それでも従来型の広告と比べるとコストは大幅に下がります。

費用対効果が高い

コストが安いということは、同じ効果があるだけでも費用対効果が高いことになります。
現代においてコンテンツマーケティングは、従来型の広告よりも高い効果が期待できるため費用対効果はかなり高くなるのです。

従来型の広告の効果が低くなっている今、新しいプロモーションであるコンテンツマーケティングの必要性が高まっているのです。

アメリカで実績がある

コンテンツマーケティングは、アメリカで始まった考え方です。
アメリカのコンテンツマーケティングは日本より10年以上も前に始まり、かなりの実績を上げてきます。

その経済効果は2013年の時点で439憶ドルとも言われています。
BtoB企業に関しては、8割以上がコンテンツマーケティングを活用しているともいわれているのです。

日本において、コンテンツマーケティングに参入している企業は、2017年時点で7割を超えたと言われています。
このようにアメリカの実績を見ても、今後の更なる発展が期待できます。

まとめ

コンテンツマーケティングは様々な観点からおいても、現代に適したプロモーション手法だということができます。
更には、今後今以上に発展することが予測されます。

あらゆる業界において、コンテンツマーケティングの必要性は高まってくるでしょう。
コンテンツマーケティングを成功させるためには、自社の商品やサービスの顧客となるユーザーの求める情報が何なのかを着実に把握する必要があります。

ユーザーの求める情報を明確に分析し、それに適したコンテンツを作ることが、これからのプロモーションを成功に導くのです。

スポンサーリンク





Google Analyticsアクセス解析レポート

記事をシェアお願いします