成功するコンテンツマーケティングの手順とは?

スポンサーリンク




コンテンツマーケティングは現代のユーザー心理において、とても有効なプロモーションの方法ということができます。

ですが、全てのコンテンツマーケティングで成果が出ているかと言われると、中には成果の出ていないものもあるのが事実です。

では、成果の出るコンテンツマーケティングと成果の出ないコンテンツマーケティングでは、一体どこが違うのでしょうか?

ここでは、コンテンツマーケティングで成功するための手順についてご紹介しましょう。

完成図を明確にする

コンテンツマーケティングは良質なコンテンツを作成し公開しさえすれば一応は成立します。

では、「良質なコンテンツ」とは一体どのようなものを示しているのでしょうか?

それは、自社の商品やサービスを必要とする見込み客や潜在顧客が必要としている情報をうまく伝えられるコンテンツです。

そして、さらに言えば、一つのコンテンツだけではなく、公開する多くのコンテンツが良質である必要があるのです。

つまり、成功するコンテンツマーケティングを行うためには、ターゲットを明確にし、しっかりと計画的にコンテンツを作成する必要があります。

自社のターゲットを明確にする

自社のターゲットを明確にするためには、自社の商品について改めて検証してみたり、既存顧客をしっかりと分析したりするのが有効です。

どのような人が自社の商品やサービスを必要としているのでしょうか?

自社のターゲットに関して改めて検証することは、コンテンツマーケティング以外のプロモーションにおいてもとても重要です。

見込み客が必要とするコンテンツはどのようなものか?

自社のターゲットが明確になれば、次はそのターゲットが必要とするコンテンツについて考えてみましょう。

自社の商品やサービスの見込み客や潜在顧客となる人は、一体どのような情報を必要としているのでしょうか?

自社の商品やサービスに興味のある層は、どのような課題を持っているのでしょうか?

成功しないコンテンツマーケティングの多くが、この一番初めのステップにつまずいていることが多いのです。

いくら良質なコンテンツを作成しても、それが自社の商品やサービスに最終的につながっていなければ、成功するコンテンツマーケティングということはできません。

コンテンツの最終的な仕上がり図は?

コンテンツマーケティングとは、見込み客や潜在顧客と継続的に信頼関係を築くことができて初めて成功したと言えます。

継続的な関係を築くためには、いくら良質なコンテンツがあっても、一つだけでは不十分です。

また、ばらばらと関連性のないコンテンツが散らばっているだけでは、継続的にサイトに訪問してもらったりメルマガを購読してもらったりすることはできません。

自社の見込み客や潜在顧客に継続的にコンテンツを見てもらうには、関連する複数のコンテンツをわかりやすく配置したWEBサイトが必要になります。

メルマガの場合は、継続して読んでもらえるように工夫する必要があります。

そして、ある程度の最終仕上がり図を先に作っておきましょう。

大切なのは、成功するコンテンツマーケティングに完成はなく、将来にわたって継続的な効果を期待するなら、常に新しい情報を発信し続ける必要があります。

常に情報を更新することを念頭に置いた最終的な仕上がり図を作成しましょう。

コンテンツを作成する

コンテンツの最終的な仕上がり図が完成したら、次は一つ一つのコンテンツの作成に移ります。

キーワードを設定する

自社のターゲットが興味を持ちそうなキーワードを上げてみましょう。

コンテンツはたくさん作成していくため、キーワードは多数必要となります。

ここでも手あたり次第キーワードを出すのではなく、優先順位をつけていくことが大切です。

サイトの中心となるキーワードから、補助的な情報を提供するキーワード、自社の商品に直接は関係なくてもターゲット層が必要としそうな情報など、カテゴリを分けてキーワードを捻出しましょう。

SEOも意識しておく

キーワード一つでは、なかなか複数のコンテンツに発展しにくいものです。

一つのキーワードを複数のコンテンツに発展させるためには、キーワードごとにサブキーワードを設定しましょう。

その際に有効な方法として、サジェストワードというものがあります。

Googleの検索エンジンにキーワードを入力すると、自動的に関連したキーワードが出てきます。

このキーワードを活用することで、SEO対策にも有利になります。

タイトルを作成する

サブキーワードまで作成したら、いよいよタイトルを作成します。

初めからサブキーワードまで設定していることで、タイトルが作成しやすくなります。

より多くのタイトルをはじめに設定した方が、サイトの全体像やメルマガの計画が立てやすくなるので、一つのキーワードに対して複数のタイトルを作成していきましょう。

また、タイトルはわかりやすいものを作成するように心がけましょう。

良質なコンテンツを作成する

タイトルが完成したら、いよいよコンテンツ作りです。
コンテンツは基本的には、ライティングです。

読んでもらいやすいように、導入文とまとめ、目次を作成するなど工夫をしましょう。

ライティングだけでなく、図解でわかりやすく説明したもの、ターゲットにとって役に立つグラフなどを集めたコンテンツも効果的です。

コンテンツのレベルとしては、商品やサービスを購入しなかったとしてもそのコンテンツの情報だけで生活が便利になるなど何らかの役に立つものが理想的です。

コンテンツから自社商品への導線を作る

コンテンツが完成したら、そこから自社の商品やサービスへの導線を考えてみましょう。

やみくもに自社サイト商品へのリンクをはるだけでは、せっかくの良質なコンテンツが広告目的だったのかとがっかりされてしまう可能性もあります。

ではどのように誘導するのが効果的なのでしょうか?

自社の商品やサービスを活用した記事を織り込む

作成するコンテンツの中である程度の割合を決めて、自社の商品やサービスを活用したものを作成しましょう。

使用方法を解説したものでもいいですし、実際に使用したユーザーの声などの紹介もいいかもしれません。

自社の商品やサービス内容に応じて、売り込みや広告にならないよう、あくまで見込み客にとって便利なコンテンツとなるように注意して作成するようにしましょう。

メルマガや会員登録などに誘導する

多くのユーザーにサイトを訪れてもらうことも大切ですが、そのユーザーを将来の顧客として確実に獲得するには、こちらからコンタクトをとれる情報を持っておくのがとても有効です。

そのためには、サイト内にメールマガジンやLINEのともだちなどに登録してもらえるような仕組みを作りましょう。

自社商品に関連する記事から、メルマガやLINE登録でクーポン配信する、会員登録やアンケートに答えて抽選でプレゼントなど、自社商品に合った方法を確立しましょう。

ここでも押し付けや売り込みのイメージが付かないように注意しましょう。

コンテンツに人を集める

本当に良質なコンテンツが作成できれば、そのコンテンツを公開するだけで人を集めることができるかもしれません。

ですが、本当に作成したコンテンツに自然に人が集まるのか、不安なこともあると思います。

また、自然に人が集まるのを待つのは時間もどれくらいかかるか読むことができません。

そこで、作成したコンテンツに人を集める工夫が必要となります。

広告を出す

コンテンツをより多くの人に見てもらうためには、広告も有効な手段です。

ここでいう広告とは、リスティング広告やSNS広告などです。

SNS広告に関しては、投稿に近い形式をとることで、おすすめ記事として拡散してもらえる可能性を秘めています。

SNSを活用する

ホームページだけでコンテンツを公開するのではなく、自社のSNS上でも公開することも有効です。

自社のSNSで公開すれば、広告費を使うことなく情報を広めることができます。

また、Facebookなど、直接いいね!をしてもらうことで読者になってもらえれば、継続的に情報を発信できます。

コンテンツを見直す

PVを分析して人気のコンテンツを広告の対象とすることも人を集めるためにはとても有効です。

また、人気のないコンテンツのタイトルを修正するなど、コンテンツは作って終わりではなく適宜改善していくことで、より良質なコンテンツ、そしてサイトにしていくことができます。

コンテンツマーケティングの注意点

ここでは、コンテンツマーケティングで陥りやすい間違いをご紹介します。

情報の押し付けになってしまう

コンテンツマーケティングでも最も陥りやすい間違いは、自社の商品をアピールしすぎてしまうことです。

それにより、ただの広告になってしまい、コンテンツマーケティングの根底にある、見込み客や潜在顧客との信頼関係を作るという目的を達成することができません。

あくまで、良質なコンテンツ、便利な情報を届けることに注視しましょう。

サイトの全体像をしっかり構築する

サイト全体がコンテンツの羅列になってしまわないように注意が必要です。

一度サイトに訪問してもらったユーザーに、サイトにできるだけ長くとどまってもらい有用なサイトだと判断してもらえるよう、わかりやすいページ作成を心がけましょう。

更新し続ける

ある程度アクセスが集まってくると、情報の更新をやめてしまうことがよくあります。

それでは、一度獲得した見込み客が離れて行ってしまいます。

コンテンツマーケティングでは、一度サイトを訪れたユーザーに、最終的には自社の顧客になってもらい購入につなげることが理想です。

そのためには、継続的にサイトを訪れてもらえるよう、常に新しい情報を発信し続ける必要があります。

まとめ

コンテンツマーケティングは、ただ単に記事を作成して公開すれば完成するようなイメージを持っている方も多いようです。

ですが、コンテンツマーケティングを成功させるためには、しっかりと自社の商品やサービスに関して分析をしてターゲットを明確にする必要があるのです。

コンテンツマーケティングを成功させるためにも、いくつか成功しているサイトの商品購入までの仕組みを検証してみるのもオススメ。

たくさんの事例をみることで、自社に適したやり方を見つけることができるでしょう。

スポンサーリンク





Google Analyticsアクセス解析レポート

記事をシェアお願いします