美容業界におけるコンテンツマーケティングとは?

スポンサーリンク




今や多くの業界でコンテンツマーケティングが行われています。
美容業界もコンテンツマーケティングを多く活用している業界の一つです。

では、美容業界において、コンテンツマーケティングはどのような役割を担っているのでしょうか?
ここでは、美容業界におけるコンテンツマーケティングに関して、ご紹介します。

美容業界の現状

現在、巷には多くの美容室やエステサロンがあります。

地域にもよりますが、全国的に見ると美容室やエステサロンなどの美容に関わる店舗は供給過多にあると言われています。
そのため、美容業界の顧客強奪戦はとても厳しい状況にあります。

美容業界の集約方法とは?

厳しい顧客強奪戦にある美容業界ですが、主な集客方法はどのようになっているのでしょうか?
美容業界の多くは他の業界に比べ個人経営であるものが多いという特徴があります。
そのため、美容業界の集客手法と言えば、地域に根差した広告がメインとなります。

美容院を経営している人は、美容師さんであることが多く、広告に関してはあまり熟知しているとは言えません。
そのため従来型の広告である折込チラシや地域情報誌、店頭や施設内での看板など、地域に住む人にアピールするのがより効果的だと考える人が多いようです。

次によく使用される集客手法は、Hot Pepperなどを中心とした情報サイトへの登録です。
このようなポータルサイトは、広告として運営されており、掲載にはコストがかかります。

また長期的に集客をするためには、継続して掲載する必要があり、広告費が継続してかかってしまいます。

インターネット上の広告は無意味だと思われている

美容業界は地域に根付いた広告戦略をとる必要があるため、Hot Pepperなどのポータルサイトを除き、インターネット上の広告は不要だと考えられることも多いようです。

そのため、ホームページも広告を見て自社サイトに訪れてくれた人に対して最低限の情報を提供する程度のものであることが少なくありません。

課題はリピート率

Hot Pepperなどの美容に関するポータルサイトの普及により、今までは地域に数店舗しか知らなかった美容院の選択範囲が一気に広がりました。

中には、このようなポータルサイトに集客を頼っている美容院もあるようです。
このようなサイトで集客をしようと思うと、お金を払って目立つ場所に掲載してもらうか、クーポンなどで安い料金設定のコースを作り、そこに顧客を誘導するという方法です。

そこで課題となるのが、リピート率です。
安いクーポン目的で来た顧客は、次も別の安い店を探す可能性が高く、店の顧客として定着しないことが多いという課題があります。

美容業界でコンテンツマーケティングを活用するには?

美容業界でコンテンツマーケティングを活用するにはどうすればいいのでしょうか?
実は美容業界はコンテンツマーケティングを活用しやすい業界であるということができるのです。

専門知識を持っている

美容業界で働く人の多く、美容に関する様々な専門知識を持っています。
美容師さんであれば、髪の毛のケアやヘアアレンジ方法、最新のトリートメントなどの情報を持っています。

エステティシャンであれば、肌のケア方法や最新のメイクのポイントなどでしょう。
これらの専門知識は、一般の美容に興味のある人が知りたい情報と一致します。

そのため、美容業界で働く人の持っている専門知識を、コンテンツという形で発信するだけで魅力的なコンテンツマーケティングが成立するのです。

専門知識の共有が信頼獲得につながる

自らの専門知識を、コンテンツという形で発信することで、それらの情報を知りたい人、つまり美容に興味のある見込み客とつながりを持つことができます。

見込み客が集まるだけではなく、多くの専門知識を配信し続けることで、専門知識のある美容師さんとして信頼が集まります。
そしてファンになってもらうことで、実店舗への集客にもつながるのです。

このように、自ら持つ情報を発信するだけで、自然な流れで見込み客をサイトに定着させることができます。
更には、そのユーザーが自らの店の該当エリアに住んでいれば、顧客を獲得することができるのです。

美容師さんの情報発信の場

現在、多く載美容師さんが自分のブログやSNSなど情報発信の場を持っています。
SNSを広告や宣伝と割り切っている美容院のオーナーも多いかもしれませんが、多く載美容師さんが自らのモチベーションアップのためにも、自分の手掛けた髪型や技術について発信しています。

自らの顧客とのコミュニケーションができる

SNSなどでつながることで、自らの顧客とコミュニケーションを維持することができます。
美容院で施術をした後の悩みやケア方法について相談に乗ってあげることで、その顧客を自分のファンにして定着させることができるようになりました。

結果的に自らの店をオープンした例も

このようにインターネットを活用しても、地域的にとても狭い範囲での活用に限られていると考えている美容師さんはとても多いです。
ですが、自分が発信した情報はインターネットを通じて全世界に配信されているのです。

そのため、コンテンツマーケティングをうまく活用することで、世界中に自らのファンを作ることができる可能性を秘めているのです。
このように自らの知識をコンテンツとして発信し続けたことで、多くのファンを獲得して、お店をオープンしたという例もあります。

すでにインターネット上で来店の確約のあるファンを獲得しているため、よりリスクの少ない状況で、自らのお店オープンを実現した美容師さんもいるようです。

モチベーションを維持する役割も

自らの情報を発信することは、集客だけが目的なわけではないようです。
美容師さんにとって、自ら施術をした結果を公表することは、モチベーションアップにつながるのです。

美容業界は多くの可能性を秘めている

ここまでご紹介してきたように、美容業界はコンテンツマーケティングととても相性のいい業界ということができます。
それにも関わらず、コンテンツマーケティングを活用できていない店舗は、現状とても多いです。

その原因として、店舗ブログの集客率の悪さがあります。
アメブロの普及に伴い、多くのお店で店舗ブログを書くようになりました。

ですが、お店の日常をつづっただけのブログに興味のある人は少なく、そのままやめてしまったり効果が全くなかったりすることも多いようです。

その結果、WEBによる集客をあきらめてしまうのです。

コンテンツマーケティングの可能性

先ほどご紹介したように、コンテンツマーケティングをうまく活用することで、店舗オープンにまで結びついたという事例もあります。
コンテンツマーケティングは、現在は見込み客や潜在顧客を集めるための手段ですが、今後は顧客を集めてから商品を生産するという消費者発信型に変わってくると予測されています。

それがつまり、ここでは美容室のオープンというわけけです。
美容業界におけるコンテンツマーケティングは美容に関わるプロとして、夢を叶えるための多くの可能性を秘めているのです。

まとめ

美容業界において、コンテンツマーケティングをうまく活用している店舗や美容師さんはまだまだ少ないのが現状です。
だからこそ、今すぐにコンテンツマーケティングを取り入れることは、見込み客の獲得にかなりの可能性を秘めています。

今後、美容業界でもコンテンツマーケティングが一般的になってくるでしょう。
そうなれば、美容業界における集客方法が今とは全く変わってくる可能性もあります。

そのためにも、美容業界で働いているなら、今すぐコンテンツマーケティングを始めてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク





Google Analyticsアクセス解析レポート

記事をシェアお願いします