【超基礎】知らないと恥ずかしいリスティング広告の運用方法からメリット

スポンサーリンク




みなさんはリスティング広告の運用方法・メリットを知っていますか?

「リスティング広告ぐらい使いこなせるよ!」「正直わからないところが多い・・・」

リスティング広告はマーケティングの基礎中の基礎なので、いまさら誰かに聞くのは恥ずかしいものです。

そんなことも知らないの?と恥をかいてしまう可能性もあります。

そうならないためにも、改めてリスティング広告の基礎を身に付けてください。

それでは、リスティング広告の運用方法やメリットを見ていきましょう。

リスティング広告ってどんなもの?

リスティング広告=PPC広告の一つで、検索エンジンに表示されている広告のこと。

「GoogleAdWords」「Yahoo!JAPANプロモーション広告」が代表的なものになります。

検索キーワードと関連している広告を出せるため、効果的なマーケティングが行えるでしょう。

リスティング広告は、自然検索の上に表示されています。

以前は右枠にもリスティング広告が表示されていましたが、スマートフォンとの結果を統一させるため、表示されなくなりました。

ちなみに、PPC広告はインターネットを利用した課金式広告のこと。

文字や画像を使用した広告のことで、一定回数リンクがクリックされるまで広告の掲載をしてくれます。

費用対効果が出やすく、クリック回数が上限に満たない場合は、再延長して広告が出せる広告のことです。

リスティング広告の運用方法

リスティング広告を運用するためには、GoogleAdWords・Yahoo!プロモーション広告などを利用する必要があります。

しかし、使い方が異なりますので、正しい運用方法を身に付けておきましょう。

基本的には、上記2種類を使用することになりますが、他の方法でもリスティング広告は出せます。

Amebaブログのマイクロアド、クロスリスティングのレモーラリスティングなどがあります。

それぞれ広告の出し方が違いますので、運用方法をしっかりと身に付けておきましょう。

GoogleAdWordsの運用方法

GoogleAdWordsを利用するときには、公式ページに行く必要があります。必要な手順としては、以下の通りです。

  1. 公式ページで「今すぐ開始」をクリック
  2. メールアドレス・ウェブサイトの入力
  3. 必要項目を入力してGoogleアカウントの作成
  4. 広告設定画面から予算・地域・ネットワーク・キーワード・単価・広告文章の入力
  5. 料金の支払い方法の設定
  6. 支払い情報の確認

GoogleAdWordsは低予算で広告が出せるので、ムダなコストを払う必要がありません。

検索キーワードに対して出せる広告なので、ターゲットユーザーのみを的確に狙うことができます。

そのため、非常に費用対効果が高く、効率的にリスティング広告が出せるでしょう。

また、いつでも広告内容を変更できるので、配信開始・停止・修正が簡単に行えます。

テキスト広告・イメージ広告・動画広告を使い分けできるので、企業イメージに合わせた使い方ができるでしょう。

Yahoo!プロモーション広告の運用方法

Yahoo!プロモーション広告を利用する場合も、公式ページに移動する必要があります。

必要な手順としては、以下の通りです。

1. 公式ページから「お申し込み情報の入力」をクリック
2. 必須項目の入力
3. 入力内容の確認
4. 規約の確認
5. Yahoo!からのメール確認
6. パスワードの設定
7. 確認コードの入力
8. 「広告の作成・入金手続き」をクリック
9. アカウント開設メールからビジネスIDの確認
10. ID・パスワードからログイン

Yahoo!ビジネスアカウントに登録すれば、Yahoo!プロモーション広告を利用できます。

基本的にGoogleAdWordsと利用方法は変わりませんが、登録方法が変わります。

使い方やメリットは変わりませんので、2つのリスティング広告を使いこなしましょう。

リスティング広告のメリット

コンバージョンが狙いやすい

リスティング広告は、「コンバージョンが狙いやすい」ことが最大のメリットです。

検索キーワードによって表示されるため、ユーザーニーズに合った広告しか表示されません。

効果的にターゲットユーザーを狙うことができます。

またリスティング広告は、入札価格によって表示順位が変動します。

他社の広告金額がある程度予想できるため、コンバージョン率に合わせて費用を変えると良いでしょう。

ちなみに、1クリック100円で設定していたら、100人がクリックすれば1万円の課金が発生します。

あなたが1万円の製品を売っているサイトを運営したとして、1人でも購入したとしましょう。

その場合原価は回収できません。その一方、最初にクリックしてくれた人が購入してくれれば、儲けはでます。

キーワードに合わせてコンバージョン率を分析しておけば、適切なキーワードがわかるようになります。

そうなれば、コンバージョン率を高められるので、より費用対効果が高くなるでしょう。

基本的には、クリック数は多くてもコンバージョン率が低いなら、広告を出すべきではありません。

クリック数が少ないのにコンバージョン率が高いなら、広告の単価を上げて流入ユーザーを狙ってください。

すぐに開始できる

簡単に広告が出せることも、リスティング広告のメリット。

Google・Yahoo!のどちらも、正しい出稿方法を押さえておけば、簡単にリスティング広告が使えます。

公式ページにアクセスして、アカウントを作成すれば誰でもリスティング広告を利用可能です。

しかし、簡単に使える分、あまり深く考えずに利用する人もいるでしょう。

無意味にリスティング広告を出してしまっても、効果的なマーケティングにはなりません。

ムダなコストを支払うだけで、1ミリもコンバージョンには繋がらないです。

そのため、適切な利用方法を押さえておけば、効果的なマーケティングが行えるようになるでしょう。

SEOと違ってコントロールしやすい

リスティング広告はすぐに実践できるのはもちろん、素早く改善できることがメリットとなります。

キーワードの変更、入札価格の変更、広告画像の変更など、コンバージョン率に合わせて柔軟な対応が行えます。

表示順位を上げたければ、より高い費用を支払うだけで、すぐに上位に表示されるでしょう。

検索エンジンの順位は地道に積み上げていく必要があるので、SEOは長期的な戦略となります。

時間・手間・コストを考えても、リスティング広告と違って、膨大なものとなってしまいます。

もちろん、長期的に見れば安定した結果を残せるのがSEOの利点と言えるでしょう。

しかし、すぐに取り組めて改善も早いリスティング広告は、最初に進めるべき施策となります。

価格を変えられるということは、金銭的に余裕がない人でも始められるマーケティングと言うことです。

多くの人が気軽に取り組めるため、リスティング広告の方が敷居は低いと言えるでしょう。

ただし、どちらにもメリット・デメリットがあるため、リスティング広告の方が優秀とはなりません。

あくまで、コントロールのしやすさでは、リスティング広告の方が上です。

まとめ

リスティング広告は、マーケティングの基本中の基本なので、知らないと恥ずかしい思いをしてしまいます。

「基礎なんて知らなくても、今のマーケティングがわかっていれば問題ない!」

確かに、効果的なマーケティング手法に精通しているなら、他の人に任せるという選択肢もあるでしょう。

しかし、リスティング広告は基本だからこそ、どんなときにでも活用できるマーケティングとなります。
より効果的なコンバージョンを狙って行くのなら、利用しないのはもったいないです。

リスティング広告の運用方法とメリットを知っておけば、これからのマーケティングにも生かせるはず。

リスティング広告を知っている人も知らない人も、この記事で再確認を行い、効果的なマーケティングをしていきましょう。

スポンサーリンク



Google Analyticsアクセス解析レポート

記事をシェアお願いします