ウェブライティングが劇的に変わる5つのコツ

スポンサーリンク




「ウェブライティングって普通のライティングと違うの?」
「ウェブライティングってなんか難しそう・・・」

WEBサイトを管理する立場になった時、一度は悩むことなのではないでしょうか。

Web上にある「読みやすい記事」の特徴には、紙媒体の記事とは異なる点が多くあります。
コツを理解していないと、いつまでも「読みにくい記事」を書き続けることに・・・
それだけは避けたいですよね。

今回はWeb媒体の記事を劇的に読みやすく変化させる「ウェブライティングのコツ」を5つご紹介します。

1.ひとつの記事で伝えるテーマを1つに絞り込む

Webの記事には「検索エンジンで情報を検索したユーザーに答えを提示する」という役割がありますので、ひとつのテーマについて集中的に書く事をおすすめします。
悪い例ですが、複数のテーマで構成されている記事にユーザーが辿り着いたとしても、得たい情報をその記事の中から探さなければならず、時間がかかったり、見つけられない可能性もあるなど、ユーザーに不利益を与えます。

例えばiPhoneの記事を書く場合、ターゲットとなる読み手「iPhoneに関する情報を知りたい人」に対して、iPhoneの性能や価格、保証などの情報は必要ですが、Androidの情報は必要とは言えません。
もちろんiPhoneとAndroidの比較記事などの例外もあるため一概には言えませんが、基本的には1つの限定したテーマの中で情報を網羅した記事を作成する事が非常に大切です。

もし関連した別のテーマの事柄が必要な場合は、別の記事として作成しましょう。そうすることで、読み手が検索したキーワードとの関連性が高く、純度の高い情報が凝縮された「良い記事」に仕上げることができます。

2.ペルソナやターゲットをはっきりさせる

雑誌などの紙媒体では読み手のターゲットがある程度絞られています。一方、Web上にある記事の場合は誰でも気軽に読めるため、より幅広い層の人に読まれる可能性が高いといえます。

だからと言って「幅広い層の人が読む」ことを意識しすぎてもいけません。
結果的に、広く浅い内容の「誰でも読めるが誰にとっても面白くない記事」になってしまうからです。

これを避けるためには、ペルソナ(想定される読み手のモデル)や、「どのターゲットに何を伝えたいのか」を事前にきちんと理解しておく必要があります。
これにより、読み手が本当に求めている情報を集めることができるため、内容の濃い記事になります。

ウェブライターは同じテーマの記事を何回か書くことも少なくありませんが、書く前に「誰に、何を伝えるか」をはっきりさせるだけで、切り口の違うオリジナリティの高い記事を書くことができます。

3.「結論を最初に書く」ことで読み手を惹き付ける

雑誌や本の場合は、最初から最後まできちんと読み終える人も多いと思います。
しかし、Webの記事を最初から最後まで読み終えるという人は、意外と少ないかもしれません。
これは、雑誌とWEB記事を読むユーザーの目的が違うからに他なりません。

Webコンテンツの読み手は要点だけを早く知ろうとする意識が働きやすくなります。
「最初の1、2行はしっかり読み、途中からはなんとなく読み流す」というF字型の視線移動をする傾向があるのです。

そのため、記事を読んでもらうためには結論や伝えたいことを最初に書くようにしなければなりません。
読み手にとって「最初の1、2行」がその先の文章を読むか読まないかの判断基準になりますので、ウェブライティングをする上では特に注力したい部分です。

4.記事を書き出す前に見出し(目次)を作る

記事を書く時には、いきなり本文から書き始めるのではなく、まず「見出し(目次)」を考えるようにしましょう。
その際、「タイトル→大見出し→中見出し→小見出し」の順に見出しを考えます。
先述したように、読み手はF字型の視線移動をする傾向があるため、伝えたいことを上から順に構成してください。
何をどこに持ってくるのか、並び替えながらベストな構成にしましょう。

最初に骨組みとなる見出しを構成しておけば、後は本文を書いて肉付けをしていくだけで、伝わりやすくまとまりのある記事になるはずです。ライティングの途中で「ここから何を書けばいいのかわからない」といったことも無くなるため、自然とスピードアップにも繋がります。

5.書き上げたら自分以外の人にチェックしてもらう

無事に記事が完成したら、それで終わり…というわけではありません。
一通り記事を書き終えた後、時間を置いて読み返してみると、誤字や脱字、「どういう意味かいまいちピンとこない」といった文章が見つかることがほとんどです。
ライティングをしている間は、その文章が正しいと思って書いているわけですから、書き上げた直後にミスに気づかないのは当然です。

このようなミスを見つけるには、やはり自分以外の人にチェックしてもらうことが一番です。
誤字や脱字、言い回しなど、文章に関するミスだけでなく、「情報自体に誤りがないか」といった点もチェックしてもらいましょう。
ミスだけでなく良い点も教えてもらえると、あなたのライターとしての個性が伸ばせるかもしれません。

チェックできる人が自分しかいない場合は、少なくとも30分、できれば1日くらいの時間をあけて、頭の中からその記事に関することをリセットした状態でチェックしてみましょう。

2、3回チェックした後、最後に声に出して読んでみる事もおすすめの方法です。句読点の位置など、文章の流れが不自然な箇所にも気づきやすくなります。

コツをおさえて魅力的なウェブライティングを

ここでご紹介した5つのコツをおさえるだけでなく、Web上にある記事が実際にどのような構成で作られているか勉強してみても良いですね。解説した5つのポイント以外にもウェブライティングの特徴や、よく読まれる記事の特報が更に見えてくる事でしょう。

ウェブライティングのコツをたくさん掴んで、ユーザーに感動を与える記事をたくさん生み出して下さいね。

スポンサーリンク




記事をシェアお願いします