意外と知らないios11の機能「ファイル」の使いかた

スポンサーリンク




iPhoneやipadのiOSが11になって新たに追加された機能は多数ありますが、その中でも「画面収録」機能がついたのはかなり大きな変化だったと思います。
それに加えて従来はなかった「ファイル」というアプリが標準で追加された事は皆さんご存知ですか?

知っている方はいまさら何を?と思うかもしれませんが知らない人もいるかもしれませんので説明しますと、従来はiosではフォルダがあってそこにファイルを出し入れしたり、編集したりという概念がありませんでした。
標準の状態では、写真であれば保存はカメラロールに保存はできましたがその他のファイル(pdfやテキストドキュメントなど)は直接保存したり操作したりする事ができなかったのですが、iOS11からこの「ファイル」というアプリが標準で搭載された事で、いわゆるパソコンで行うようなファイル管理が行えるようになりました。

この「ファイル」という存在は知っていたものの、追加されてからほとんど使用した事がなかったのですが、ふと思い立って最近触ってみたら意外とといったら失礼かもしれないのですが便利で使える機能がある事に気付きました。
そこで今回はios11が発表されてから2か月も立とうとしていて今更感が強いですが、自分自身の復習もかねてこの「ファイル」の使い方をご紹介してみたいと思います。

ファイルの使いかた

「ファイル」アプリを開くと、下にブラウズというボタンがあるのでこちらを開いてみます。
すると、「icloud drive」が表示されています。ここを開くと現在フォルダ内(icloud内)に保存されているファイルが表示されてると思います。
基本はここにファイルを保存したり、コピーしたり、削除したりを行うことができます。(後ほど説明しますが、他のオンラインストレージも使えます)
その基本的なファイル操作の方法をご紹介します。

ファイルアプリに保存する

カメラロールから「ファイル」に保存するには、
●カメラロールを開いた状態で右上の「選択」をクリックします。
●保存したいファイルをタップ(複数選択もできます)

●左下のボタンを押して表示された画面の下部にファイルを保存というボタンをタップ
●保存の場所を選ぶ画面が表示されますので、「icloud drive」を選択

●右上の「追加」をタップ

以上で写真を追加する事ができます。

ファイルの移動・コピー・削除

1)ファイルの移動の方法は2通りの方法があります。

●長押しして選択
長押しして指を話すと以下の写真のように「コピー」・「複製」・「名称変更」・「移動」などのボタンが表示されますので、移動を選択します
すると、先ほどと同じような画面が表示されますので、移動したい場所(フォルダ)を選択し、右上の「追加」を押すと移動できます。

●ドラッグ&ドロップで移動
ファイルを長押しし続けながら、ドラッグ操作をするとファイルが浮いたような状態になりますので、そのままフォルダに合わせるとそのフォルダに移動する事ができます。
さらに、一つのファイルをドラッグしている時に他のファイルをタップすると複数選択する事が出来ますので一括して移動する際はとても便利です。

2)コピーの仕方

先程と同様にファイルを長押しするとでてくるボタンから「コピー」を選択します。次にコピー先の場所を開いてタップすると「ペースト」というボタンが表示されますのでタップします。
すると、選択したファイルがコピーされます。

3)削除の仕方

基本的な方法は同じで長押しするとでてくるボタンから「削除」を選択します。選択したファイルが削除されます。

zipファイルが開ける

従来はサードパーティ製のアプリであれば可能でしたが、zip(圧縮ファイル)の中身を見る事はできませんでした。しかし、この「ファイル」ではzipファイルをプレビューする事ができるようになりました。
保存されているzipファイルをタップすると、アイコンが表示されて「内容をプレビュー」というというボタンが表示されますので、それをタップすると中身を見る事ができます。
ただし、zipファイルを解凍したり、作成したりすることはできません。(※「ファイル」の機能では圧縮はできませんが、document7などのサードパーティ製であれば圧縮は可能です。)

タグ付けができる

「ファイル」内でタグをつけることができるようになりました。タグとは簡単に言うと同じもの(グループ)を分類・抽出したりするときに使います。

●タグの付け方
ファイルを長押しして、指を離すと表示されるボタンから「タグ」をタップすると、タグを選択できる画面が表示されます。
そこから、付けたいタグをタップするとタグを付ける事が出来ます。

●タグ名を変更できる。
デフォルトのタグの名前は単なる色ですが、任意で名前を変更できます。
最初のブラウズの画面で、編集をタップすると項目の編集画面になりますので、変更したい名称に変更して完了します。

●分類されたものを見る場合
ブラウズ画面から、見たいタグをクリックするとタグを付けられたファイルがリストされて出てきます。

これを使えば、同じグループに属するファイルを即座に見つける事ができますのでとても便利です。

他のオンラインストレージとの連携

標準で「icloud drive」は使用できますが、この「ファイル」のもっとも便利な点は、他のオンラインストレージとの連携が可能な点です。
「googleドライブ」「Box」「Dropbox」「document」などをこの「ファイル」内で閲覧したり、ファイルを移動させたりする事が可能になります。
複数のオンラインストレージを使用している人には、とても便利な機能だと思います。

●他のオンラインストレージの表示方法

先程のブラウズの画面の右上の「編集ボタン」を押します。

すると、現在利用できるオンラインストレージのオン・オフボタンが表示されますので、それぞれ必要なものをオンにして完了します。
それぞれのオンラインストレージにログインと表示されていますので、使用したいドライブをタップしてログインします。
ログインできると、現在保存されているファイル・フォルダが表示されます。

これによって、従来まではそれぞれバラバラに管理していたオンラインストレージも一元的にファイルを管理する事ができるようになります。例えば、「Dropbox」内のファイルを「Googleドライブ」へ移動、コピーする事ができますので別途に専用のアプリを立ち上げる事無くフォルダを移動するような感覚で横断的に操作が可能となります。

まとめ

今回はiOS11の機能で「ファイル」という純正のアプリの使用方法についておさらいをしてみました。
従来は出来ないと思って諦めてサードパーティ製のアプリで、純正ではできない機能を補ってみたりしていました。しかし、今回のようにiOSのがアップデートされる毎に徐々に新しい機能が追加されていて、気が付くと出来るようになっているなんて事もたくさんあると思います。
この「ファイル」というアプリの機能の他にも、たくさんの新しく使えるようになった機能があると思いますので、普段何気なく使っているiPhoneの隠れた(知らない)便利な機能を見つけてみるのもいいかもしれません。
新たな発見ができる事で、ますますiPhoneというツールが便利で使うことが楽しくなると思います。

スポンサーリンク



Google Analyticsアクセス解析レポート

記事をシェアお願いします