SEOライティングとは?上位表示させるために知っておくべき基礎知識

スポンサーリンク




SEOライティングという言葉をご存知でしょうか?
作成したサイトやページ検索結果の上位に表示させるための方法です。

「作成した自社サイトやブログが上位表示されない」
「ホームページのアクセス数が伸びない」

アクセス数が伸び悩み、どうすればいいものかと困っているのであれば、SEOライティングを使えていないからかもしれません。

SEOライティングは、アクセス数を増やすためのSEO対策の1つです。SEOライティングの基礎知識を学んで、他のコンテンツより優れたライティングをしていきましょう。

SEOとは?

SEOとは「検索エンジン最適化」を意味する言葉であり、SEO対策を行うことで特定のキーワードで検索したときに、サイトが検索結果の上位に表示される方法のことです。検索エンジンは「Yahoo」「Google」が代表的なものですが、YahooはGoogleの検索エンジンを使用しているため、GoogleのSEOを行えば検索エンジンの最適化は行えるようになります。

そのため、SEO対策はGoogleの検索エンジンで上位に表示されるように、コンテンツを作成しなければいけません。SEO対策を意識していくことで、結果的に自分のサイトやコンテンツにアクセスが集まるようになります。ライティングにおいても同じことで、SEOを対策したライティングを意識することで、多くの読者に見てもらえるコンテンツを作っていけるようになります。

Googleが評価するポイントは?

Googleが評価するポイントは至ってシンプルです。

  • 検索キーワードに合っているコンテンツがある
  • Googleにわかりやすく内容が伝わるコンテンツである
  • 被リンク数が多いこと

他にも200以上の条件がありますが、この3つがGoogleがサイトを評価する時のポイントとなります。

コンテンツの内容は読者に伝わりやすいものであることが大前提ですが、Googleに伝わらなければ意味がありません。Googleは画像やFLASHの内容を読み取ることが難しく、テキストが多い文章を読み取ることを得意としています。タイトル・見出し・本文に重要なキーワードを入れることはもちろん、ムダな画像やFLASHは省きテキストで情報を伝えることが大事になってきます。

SEO対策はコンテンツを作る上で基本的な部分をしっかり行っていれば、思っているよりは難しくありません。

また、Googleはリンクの数によって、他のサイトから評価されているかという事を認識します。そのため、被リンク数が多ければ多いほど、検索上位に表示されやすいコンテンツとなっていきます。

Googleに評価されるポイントを把握して、SEO対策を行っていきましょう。

クローラーとユーザーが理解しやすいように

クローラーとは検索エンジンがファイルを収集するためのプログラムのことです。クローラーにとって理解しやすいように最適化することで、上位表示されやすいコンテンツとなります。

しかし、Googleのクローラーばかりに気を取られていると、読者にとってわかりづらい文章になることがあります。それでは、本末転倒です。本来は、読者が納得できるコンテンツが求められているので、バランスを考えてSEOライティングをするようにしましょう。

SEOライティングの基礎知識

SEOライティングを行う時には、基礎知識を覚えていく必要があります。
基礎を正しく学ぶことで、SEO対策を行っていけるようになりますので、しっかりと覚えておきましょう。

キーワードの選び方

キーワードの選び方は、SEO対策の基本と言える部分です。ネット上におけるユーザーのニーズを意識して、SEOキーワードを選んでいきましょう。

SEOキーワードを選ぶ時には候補をなるべく多く出し、キーワードの選定をおこないます。

また、キーワードの作成ボリュームを把握しておき、どのくらいのニーズがあるのかを知っておくことも大切です。検索ボリュームの少ないキーワードを選んでしまうと、検索される回数も少なくなってしまうので、結果的にアクセス数は伸びることはありません。

キーワードをタイトルと見出しにいれる

キーワードを選んだらタイトルと見出しにそのキーワードを入れていきます。キーワードを含めたタイトルは、32文字以内に設定しておくことが大事です。検索結果では32文字までしか表示がされないので、32文字以内にしておかなければSEO対策にはなりません。また、見出しにもキーワードを必ずいれましょう。

段落の最初にキーワードをいれる

見出しのすぐ後の段落には、キーワードをいれましょう。その方が、クローラーも理解しやすくなります。また、最後の段落も同じで、キーワードをいれておくとSEO対策になります。

Googleが理解しやすいようにマークアップ

マークアップとは、タグを入力することでGoogleのクローラーの理解を助けるもの。記事のどこが重要なのか、示すための方法です。

  • 見出しを表す<h1>~<h6>
  • 段落を表す<p>
  • 箇条書きを表す<ol><ul>
  • 引用を表す<blockquote>
  • リンクを表す<a>
  • 画像を表す<img>
  • 表を表す<table>

質が高く内容の濃いコンテンツを作っても、マークアップをしておかなければ、検索エンジンに理解してもらえません。

画像の名称

alt属性と言うテキスト情報を画像に記入することで、クローラーにとって画像がどんなものであるか、をわかりやすく伝えられるようになります。画像の名称を適当に入れている人がいますが、SEO的にはマイナスです。画像の名称を記事やサイトに合わせることで、Googleに最適化させることができます。

応用編

基本的なSEOライティングをお伝えしたところで、よりレベルの高いSEOライティング方法をまとめていきます。

コンテンツの網羅性を意識する

検索結果の上位に表示されるためには、キーワードを網羅することが重要になってきます。意識すべきポイントは、ユーザーがそのページを見て一発で悩みを解決できるかどうか、知りたいことを知れるかどうかです。

ユーザーはそもそも検索をしたいわけではありません。知りたいことがあるため、検索しているにすぎないのです。つまり、答えを求めているということになります。ユーザーの知りたいことを詰め込んだコンテンツは、網羅性が高く、Googleもこれを評価する傾向があります。

関連語を多く含める

SEOライティングではユーザーの二ーズに合ったキーワード、そして検索ボリュームのあるキーワードを選定することが大事です。キーワードと関連性のある関連語を使うことで、Googleから評価されやすくなります。

なぜ、関連語をいれると評価が高まるかというと、これも網羅性にいきつきます。基本的に関連語とは、検索したキーワードと一緒に、もしくはあとに検索されている言葉です。つまり、ユーザーが興味を持っているキーワードということになります。

そのため、関連語を入れると網羅的なコンテンツに近づき、結果的にGoogleが評価するのです。

クリックしたくなるタイトルをつける

タイトルはSEOライティングにとって命とも言うべき大切な部分です。キーワードを入れてクローラーに理解しやすいタイトルを付けることも大事ですが、やはりユーザーにクリックしてもらわなければ意味がありません。

魅力的なタイトルを設定することで、ユーザーがクリックしたくなるタイトルにしていきましょう。また、魅力的なタイトルを作ろうとしてしまい、タイトルの方向性を失っては意味がありません。シンプルにわかりやすいタイトルの中に、魅力的な言葉を付けることで、クリックしたくなるタイトルは作れるようになります。

まとめ

今回はSEOライティングで上位表示させるために知っておくべき基礎知識についてまとめさせていただきました。SEOライティングを行う事で、クローラーにとってもユーザーにとってもわかりやすいコンテンツを作成できます。

わかりやすいコンテンツを作成すれば、検索結果の上位に表示され、ユーザーのアクセス数も自然と伸びていくようになります。

SEOライティングの基礎知識を身に付けて、ワンランクアップしたライティングを行っていきましょう。

スポンサーリンク




記事をシェアお願いします