インフルエンサーマーケティングとは?企業が注目する理由と活用方法

スポンサーリンク




みなさんは「インフルエンサーマーケティング」をご存知ですか?

インフルエンサーマーケティングは、ユーザーに強い影響力を与えるインフルエンサーを活用したマーケティング手法です。WebやSNSを利用するユーザーが増えているため、急激に注目を集めています。Webマーケティングでは、インフルエンサーマーケティングが非常に効果的なので、ぜひ覚えておきましょう。

この記事では、インフルエンサーマーケティングの基本的な内容と、インフルエンサーの選び方についてご紹介します。みなさんもインフルエンサーマーケティングの意味や特徴を覚えて、効果的なWebマーケティングを行っていきましょう!

インフルエンサーとは?

インフルエンサーとは「影響者」という意味で、ユーザーに大きな影響力を与える人のことです。芸能人やプロスポーツ選手などが、インフルエンサーと呼ばれてきました。

しかし、Webマーケティングでは、SNSやブログで多くのユーザーやフォロワーが付いている人のことを言います。多くのPVを獲得している「ブロガー」、視聴者数・登録者数の多い「YouTuber、」フォロワーの多い「インスタグラマー」などがインフルエンサーとなります。

また、インフルエンサーより影響力はありませんが、特定の分野やコミュニティに大きな影響力を持つマイクロインフルエンサーが存在するのを知っていますか?インフルエンサーより多くの人に影響を与えられませんが、ユーザーの反応が高いので、インフルエンサーマーケティングでは効果的な存在です。

多くの人からフォローされている人より、少ないフォロワーだからこそいいね!がされやすくなるのでしょう。マイクロエンサーは、より身近な存在に感じられるので、積極的にリアクションを取りたくなるのが人間の心理ですよね。

インフルエンサーマーケティングとは?

インフルエンサーマーケティングは、インフルエンサーを活用してファン・フォロワーに対してマーケティングを行う方法です。インフルエンサーは影響力が高いので、マーケティングで得られる反応が大きくなります。

ただし、情報を拡散してもらうだけでは、インフルエンサーマーケティングとはなりません。情報を広めてもらうだけでは、コンバージョンに繋がりませんし、マイナスイメージが付いてしまう場合があるからです。そのため、インフルエンサーを活用する場合には、キャスティングやマーケティング方法がかなり重要になってきます。

不自然なマーケティングにならないように、インフルエンサーと入念な打ち合わせをして、効果的に集客・コンバージョンを狙いましょう。さらに、特定のジャンルに強いマイクロインフルエンサーを活用することで、「企業」「インフルエンサー」「ユーザー」がメリットを得られるようになります。

みんながメリットを得られるwin-winの関係になるようなマーケティングを行うことが大切です。

インフルエンサーマーケティングの特徴

ユーザーが何かを購入する場合、Webの情報・コンテンツを参考にしていることはご存知でしょうか?例えば、欲しいものの情報であったり、使ってみた人の口コミであったり、検索することはありませんか?

第三者の声というのは、何かを購入するときに大きな影響を与えるものです。影響力のあるインフルエンサーからの情報なら、なおさら多くの人が影響されてしまいますよね。

また、最近ではWeb上の広告が、ユーザーから関心を集めにくくなっています。ただなんとなくブログやSNSを見ているときに、広告が出てきてしまうと、「これが見たいのに邪魔だよ!」と感じてしまいますよね。

ブログやSNSの発言なら宣伝されていると感じにくいので、ユーザーはすんなりと受け入れやすくなります。さらに、SNSのタイムラインはいいね!をしたユーザーや親しいユーザーの投稿が上位に表示されるので、インフルエンサーの投稿は見られやすいです。

ただし、インフルエンサーがどういう投稿をするのか、どんなマーケティングを行うのかはコントロールできません。これにより、インフルエンサーが強引なマーケティングを行った場合、企業のイメージも一緒に落ちてしまうことがデメリットとなるでしょう。

インフルエンサーマーケティングの問題点

インフルエンサーマーケティングは、効果的なマーケティングを行えますが、いくつかの問題点があります。

キャスティング

インフルエンサーは、キャスティングが難しいことが問題点となります。あなたのコンテンツに合っているインフルエンサーをキャスティングしないと、効果的なマーケティングを行うことは難しいでしょう。

純粋なフォロワー数のみでインフルエンサーを選んでしまうと、ユーザーに効果的なマーケティングを行えなくなります。フォロワー数が多いインフルエンサーだからといって、ユーザーから拡散されるとは限りません。

また、多くのインフルエンサーを起用することは、インフルエンサーマーケティングは失敗の原因に繋がります。インフルエンサーは多くのフォロワーを抱えているので、複数のインフルエンサーマーケティングを行うと、共通のフォロワーから「ああ、またこの商品か」と思われてしまいます。

インフルエンサーマーケティングのキャストを増やしてしまうと、多くのユーザーにアプローチできる分、ユーザーからステルスマーケティングと感じられるので、気をつけましょう。一般的にはインフルエンサーと直接やりとりするのではなく、インフルエンサーを抱えている企業に相談するのがおすすめです。

企業とインフルエンサーの関係性

インフルエンサーは好きなもの・興味のあるものを情報として発信しています。企業がインフルエンサーに、「うちの商品を宣伝させてやる!」といった態度を取ってしまうと、インフルエンサーはマーケティングを引き受けてくれません。

それどころか、その企業のマイナスイメージをブログ・SNSで拡散してしまうでしょう。企業はインフルエンサーが一般人でも、マーケティングに活用させてもらっているという意識を持つことが大切です。

また、企業はインフルエンサーに対して、正しいマーケティングを指示していきましょう。インフルエンサーはマーケティングのプロではないので、PR表記などに対して知識がないことも。

自社の商品やコンテンツであったとしても、無理な口コミをお願いするのではなく、使用してもらった口コミを言ってもらいましょう。もちろん、企業のマイナスイメージになるような口コミにしてはNGなので、しっかりと打ち合わせを行うことがポイントです。

特にテキストや写真ではなく、動画がメインになるYouTubeやインスタグラムのインフルエンサーは、ユーザーの耳に訴えかけることになりますよね。インフルエンサーマーケティングでマイナスイメージが付いてしまうと、企業だけではなくインフルエンサーにも損害を与えてしまいます。

どちらにも効果的なマーケティングを行えるようにしてくださいね!

まとめ

インフルエンサーマーケティングは、非常に大きな影響力を与えるマーケティング方法です。
しかし、インフルエンサーマーケティングのメリット・デメリットを知っておかないと、せっかくのインフルエンサーマーケティングが失敗してしまいます。

ユーザーのニーズに合った商品・コンテンツ、それにマッチしたインフルエンサーを選ぶことがポイントです。さらに、インフルエンサーに正しいマーケティング方法を教示していくことが大切です。

効果的なマーケティングを行うためには、メリット・デメリットを正しく理解し、対策を行わなければなりません。みなさんも正しいインフルエンサーマーケティングが行えるように、今回の記事をぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク



Google Analyticsアクセス解析レポート

記事をシェアお願いします