成功間違いなし!Facebookマーケティングのコツ

facebook

スポンサーリンク




facebook

引用元:Pinterest

Facebookマーケティングに取り組む企業は増え続けています。Facebookはユーザーのライフログを握っているため、「性別」「国」「趣向」「年代」など、特定の狙ったターゲットに向かって広告を出すことができるからです。

Facebookマーケティングは漠然と始めて成功するほど甘い世界ではありません。しかし実は、Facebookマーケティングで成功している企業には共通点があります。

そこで今回は、「Facebookマーケティングで成功するコツ」について解説します。

まずはFacebookページを作成する

Facebookマーケティングを行うためには、最初に「Facebookページ」を作成する必要があります。Facebookでは、企業やアーティスト、イベントなどのためのページを「Facebookページ」と呼びます。

Facebookページの利点は、広告でフォロワーを増やせるようになっているということです。一般的な個人アカウントでは、地道にフォローしてもらう必要がありますが、Facebookページは広告でユーザーに認知してもらえる点が特徴です。

Facebookページにユーザーを惹きつけるための記事を投稿する

Facebookページ

Facebookページを作成しただけでは、ユーザーは集められません。この段階で広告を出しても、Facebookページに魅力がないので、ユーザーを惹きつけることができないのです。

そこで、Facebookページに記事を投稿して魅力的なものに仕上げる必要があります。Facebookマーケティングで成功するためには、このページの作り方にいくつかコツが必要です。どのようなものがあるか、チェックしていきましょう。

ホームページとの差異をつけることでユーザーを惹きつける

ホームページで掲載されている情報をFacebookページに載せても、ユーザーは魅力的だと感じません。

例えば、ホームページでは、どのような製品を取り扱っているかを解説していることが多いですよね。その場合、Facebookページに同じような製品紹介を載せることにあまり意味はありません。

この場合の、Facebookページの有効的な利用方法の一例としては、「人物主体」のページを作ることが挙げられます。

  • 製品の一部分を作るのに、少数の職人がこだわりを持って手作業で作っている
  • 社長が数十年、ずっと製品の改良に取り組んできた

このような、人間味を感じられるページに人は反応します。人物主体のFacebookページを作るというのはあくまで例ですが、ホームページとの差異を意識すると、より多くのユーザーを惹きつけることができるのです。

ユーザーに参加してもらうことでユーザーの動向がわかる

ユーザーに気軽に参加してもらえるような投稿で成功している企業があります。

例えば、栄養ドリンクメーカーが新商品を発売したとき、「この栄養ドリンクを、朝起きたときに飲みたい人は「いいねボタン」、徹夜しているときに飲みたい人は「シュアボタン」を押してください」という投稿を行うのです。

すると、「ユーザーの動向がわかる」「ユーザーと気軽にコミュニケーションが取れる」など多くのメリットがあります。ここで、企業担当者とユーザーで積極的に交流を取ると、ユーザーはファンになるでしょう。このようなマーケティングを行うことができるのは、Facebookの大きな特徴です。

役立ちコラムを掲載することでほかのユーザーにシェアしてもらう

役立ちコラムを掲載するのも有効です。

ユーザーは「この役に立つ情報をほかの誰かにも伝えたい」と考えたときに記事をシェアします。インターネットがなかった時代には、「口コミ」という形で起こっていた情報の拡散が、Facebookではシェアボタンで実現されています。

あなたが扱っている商品が、口コミを起こしやすい商品だった場合、役立ちコラムで記事をシェアさせることを狙うのが有効的な戦略となります。

  1. 誰とでも話題にできる
  2. 複数人で利用する

この2つの条件を満たす場合、口コミを非常に起こしやすいと言われています。あなたの商品がこの条件を満たすなら、積極的に役立ちコラムを投稿しましょう。

時事ネタや季節ネタは瞬間的なアクセスを集める

時事ネタを投稿すると、瞬間的なアクセスが集まります。そのとき話題になっているニュースや、「お正月」「ハロウィン」「クリスマス」などの季節性のある記事は、注目を浴びやすいのです。

例えば、あなたが弁当店を経営していて、「クリスマスのパーティーセット」を販売する予定だとします。すると、クリスマスの少し前から、クリスマスに関連する投稿を増やした上で、クリスマスのパーティーセットの告知を行うと、有効なマーケティング戦略となるのです。

ユーザーとの距離を縮めることを意識する

いかなる場合も、「ユーザーとの自然なコミュニケーション」を忘れないようにしてください。FacebookのようなSNSは、コミュニケーションツールとして発達してきた経緯があります。

いくら商品を売りたいからといって、商品紹介を全面的に出されると、ユーザーは興ざめします。そうではなく、「ユーザーと企業の距離を近づけることを意識する」ことが大切です。

  • 記事を書いた人のパーソナリティが見える
  • 憧れのブランドメーカーの方に、率直な意見が言える

このような距離の近さにユーザーは魅力を感じます。Facebook内だけで完結させるのではなく、「ファン化→他ページに誘導」を意識しましょう。

インフィード広告の活用が成功のカギ

インフィード広告の活用

Facebookページを魅力的なものにしたら、次は広告を出すことになります。現在Facebookでは複数の広告メニューが存在します。

この広告メニューの中でも最も活用したいものが、「インフィード広告」です。インフィード広告とは、コンテンツの中に自然に挿入する形式の広告のことで、ユーザーが広告だということを意識せずにクリックしてくれます。現在、多くのWebメディアでインフィード広告が主流になってきています。

Facebookでも、ニュースフィードに広告を流すことによって、ユーザーに自然とクリックしてもらうことが可能になります。

他メディアに掲載したコンテンツの再利用も効果的

Facebookページに複数のコンテンツがある場合、それらの中からユーザーがクリックしたくなるようなコンテンツを選んで、広告として流す必要があります。

このとき、最も確実に広告効果が上がるのが、「すでに、Facebook以外の自社メディアのコンテンツで、Twitterやはてなブックマークなどのメディアで人気になっている記事を再利用する」ことです。すでにユーザーから求められていることがわかっている記事を、Facebookで再活用することによって、Facebookユーザーの興味を獲得するのです。

ほかにも、ユーザーに「続きが気になる」と思わせるような広告の出し方は有効です。例えば、あなたが住宅販売のFacebookページを作成していたとします。このとき、「顧客1,000人にアンケート!住宅を選ぶ基準の2位は間取りでした。では1位は?」などの広告を出すと、ユーザーは続きが気になります。すると、広告だとわかっていても積極的にクリックするのです。

このように、Facebookマーケティングで成功したいなら、Facebook独自のマーケティング手法を身につける必要があります。Facebookはコミュニケーションツールとして発達してきました。最も大切なことのひとつである、ユーザーとの自然なコミュニケーションを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク




facebook

記事をシェアお願いします