実は全く違う?紙ライターとWebライターによるライティング方法

スポンサーリンク




インターネットで執筆を行うWebライターは、紙ライターとライティング方法に違いがあるのを知っていますか?

多くのアクセス数を集めているWebライターが、雑誌や新聞で掲載を行うことも簡単ではないように、紙のライターもWeb向けの記事を書くのは簡単ではありません。

また、Webライターの場合は、ライティングのほかにSEOも意識する必要があります。

それぞれライティングで意識するポイントが異なりますので、書く媒体によって書き分けなければなりません。ここでは、Webライターと紙ライターのライティング方法の違いをご紹介していきます。

Webライターと紙ライターの違いって?

最近では雑誌や新聞のライターよりWebライターが注目を集めてきていて、多くの紙ライターがWebライターへ転向しています。Webライターが注目を集めている原因は、様々なものがデジタル化しているためです。

音楽はダウンロード、書籍はデジタル書籍へ変わってきています。紙を媒体としたライターが、Webライターに転向を考えることは自然ですよね。

しかし、紙ライターからWebライターになると、なかなか執筆が進まないことがあります。さらには、アクセス数を稼ぐことができず、スランプに陥る可能性もあります。紙ライターの人はWebライターとして活動するために、Webライティングのポイントをしっかりと押さえておくべきです。

それでは、Webライターと紙ライターのライティング方法の違いを見ていきましょう。

SEOを意識したキーワードの設定

Webライティングをしたことがない人は、SEOを意識したキーワードが一番の難関です。検索エンジンで上位に表示されやすくするためには、SEOを意識してライティングしなければなりません。SEOとはGoogleやYahoo Japanなどの検索エンジンにわかりやすく文章を書く技術のこと。検索結果で上位表示されやすくなり、ページのPVを上げることができます。

具体的には、検索エンジンのアルゴリズムを把握して、タイトルや見出し、本文中に検索キーワードを入れていく必要があります。よりSEOを意識していくのなら、見出しや段落、箇条書きや引用などタグのマークアップを入れる必要もあるでしょう。

このようなSEOの知識は紙のライターにはなく、一から覚えていかなければいけないことです。これはつまり、ライターに求められていることが変わってきているということ。今まで文章を書く仕事だったライターも、文章を書いて読者に届けるところまで責任範囲が広がってきているということです。

簡潔な文章構成

Webライティングでは、文章の流れは簡潔でなくてはなりません。これは、ユーザーがワンクリックで、今読んでいる文章から離れてしまうからです。ユーザーが欲しがっている情報は早い段階で書いておき、それに伴った文章の構成が必要になるでしょう。

時間のないときにでも、すぐに情報を集められることがWebの特徴なので、ユーザーのニーズに合わせるなら情報は簡潔のほうがいいのです。そのため、Webライティングでは先に結論を書くライティングが有効です。

紙ライターの場合は、ユーザーが興味のある雑誌や新聞に執筆を行っていくので、自由な文章構成が使いやすいでしょう。紙媒体はWebと違って、何か用事があっても最後まで読まれやすいためです。

視認性の違い

Webコンテンツはユーザーの端末環境によって、文字のサイズや表示スペースが変わってきます。パソコンやタブレット、スマートフォン、多くの端末で表示されるスペースは変わってしまいます。そのため、Webコンテンツは視認性が低くなり、全体の文章を見るのも難しくなります。

さらに、モニターを通して文章を読み続けると、目が疲れてしまうということも。これにより、Webライティングでは「読みやすい文章」「わかりやすい文章」が必要です。

紙ライティングでは文字の大きさや表示スペースが変わってしまうことはありません。そのため、環境や視認性を意識したライティングは、あまり気にしないでしょう。

Webライターと紙ライターでは、大きな違いがありますが、どちらも正しいライティングの方法です。
しかし、媒体が違うだけで意識するポイントが大きく変わってきます。紙ライターは、検索エンジンとユーザーのニーズに合ったライティングを意識して、Webライティングをマスターしていきましょう。

Webライティングを身に付けるには?

Webライティングを身に付けるためには、SEOの正しい知識を覚えることが一番です。ライティングを行う前に、検索サイトで上位に表示されるための準備が必要。ユーザーが満足するコンテンツを作ることも大切ですが、まずは検索エンジンに評価してもらい、ユーザーに届けることが大切です。そのため、SEOの正しい知識を身に付けることが欠かせません。

最初はすべて覚える必要はありませんが、タイトル・見出し・文章内には、検索キーワードを入れ込み、タグでマークアップしていくことは覚えておく必要はあります。また、コンテンツの前の方に重要なキーワードを入れたり、タイトルやリード文に検索キーワードを入れたりすることで、検索エンジンとユーザーのどちらにも評価されやすいライティングが行えます。

また、読者がサイトを開いて読み進めてもらうためにも、Webライティング特有の文章のわかりやすさが大切です。

例えば、校長先生の話や結婚式のスピーチを聞いていると、長い時間を使ったわりに、良くわからない文章を話していますよね?
回りくどい言い方はやめて、簡潔な文章をライティングすることが重要です。

SEOとユーザーを意識したライティングができたら、最後に読み直してみましょう。あなたが読み手になった上で、まとまっている文章なら、Webライティングはできています。Webライティングでは、SEOの知識とユーザーの立場を考えた執筆を心がけましょう。

まとめ

今回は、紙ライターとWebライターによるライティングの違いについてご紹介させていただきました。紙ライターとWebライターでは意識するべきポイントが大きく変わりますよね。

検索エンジンとユーザーを意識したライティングをすることで、Webライティングを身に付けるようになるでしょう。そのためには、SEOの正しい知識を身に付けることが最優先です。

どれだけ質の良いライティングでも、検索エンジンに評価されなくては、意味がありません。しっかりとSEOの正しい知識を身に付けて、ユーザーにとって読みやすい文章を執筆していきましょう。

スポンサーリンク



記事をシェアお願いします